calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

12インチが欲しいのよ……**ウルトラブックの話。

0

    こんにちは、妹のchamiです。
    今日はレビューではなくてウルトラブックについて好き勝手に語ります!

    春からツイッターでも延々と、「ウルトラブック買おうかなあどうしようかなあ」と呟き続けたり、やっぱり基本に戻るか、とLet's Noteの新ラインナップを熱心に眺めたりしているんですが、実はいまだに決めかねています…

    というのも、私が欲しいのは手軽な12インチ液晶のモバイルなんですが、そもそも12インチのモバイルってあまり商品自体無いのですよね。手軽でそこそこ高性能なPCといえば、まず念頭に浮かぶのはウルトラブックですが、ウルトラブックの主流は13.3インチなわけです。

    でも私思うのですが、多くの女子にとって13.3インチは大き過ぎないか?と。




    (通勤鞄にPCを詰めてみるの図。
     これはA4対応タテ型鞄にB5ノートをタテに詰めようとしているのですが、これでも結構いい存在感)


    そもそも33〜4cmの横幅って、女性ものの鞄に入れるのは相当ギリギリだし、ディスプレイを開いているときに片手で持ち上げられる大きさじゃなくなってくる
    (据え置き式じゃなくて外で使うことを考えると、片手で持ち上げるシーンは結構あるのです)

    キーボードのピッチも、12インチのプラットフォームがあれば標準的な女性の手には十分だし、13.3のプラットフォームだと私のような小さい手の人種には逆に間延びして使いにくいことも。

    そして出先でちょっと作業しようと思ってカフェのテーブルで開いたときにも、13.3インチはA4ファイルサイズ×2になるのでやや存在感がありすぎる…10インチ、12インチ、13インチって、それぞれ小さな違いですけれども、特にPCは使う時は面積2倍になるので、結構存在感が違うんですよねー…

    もちろん、大きくなれば普通は重くなるわけで、重量も13.3インチだと1.5Kg前後が普通ですが、これは持ち歩くには限界に近い。電源ケーブルとマウスを入れて2kgとなるとほぼ論外です。
    かといってネットブックでは、何か少しまともに作業をしようとするときついし;;

    そんなわけで、個人的検討メモを兼ねて、今買える12インチウルトラブックをちらっと比較してみます。


    SONY VAIO Tシリーズ icon
    icon icon
    (※画像はソニーストアへの商品リンクです)

    夏モデル

    SONY初ウルトラブックですが、すごく薄かったり軽かったりするわけではなくて、特にびっくりするような仕様はなし。
    SSD+HDDを標準にして基幹価格を抑え気味に、重量は割と重め。
    意外と?堅実路線でまとめてきた印象ですね。

    流石に洗練されていて、明るいシルバーのヘアラインの天板は高級機並みの質感です。
    直販のSONYストアではオーナーメイドでカスタマイズモデルが注文できるのですが、ウルトラブックの割にカスタマイズ項目が多いのも好印象です。



    スペック:幅あり
      最低価格だと第2世代Corei3。
      店頭モデルは第3世代Corei5、カスタマイズモデルは第3世代Corei7も選択可能。
      メモリは最低価格だと2GB、これはちょっと非現実的?
    価格:幅あり 
      最低価格は59800円で安いのだけれど、ややスペックが苦しく、カスタマイズしたくなると思う。
      そこそこレベルまで持ち上げると8万円前後、ストレージをSSDオンリーにすると跳ね上がる。
      店頭モデルは11万円前後で、安いとはいえない。
    デザイン:高 
      洗練された雰囲気で、質感も高い。
      最厚部17.8mmはごく一般的な薄型レベルですが、フルフラットデザインなので、特別薄い感じはないです。
    安心感:高 
      ソニータイマーが発動しさえしなければ大丈夫!ま、カスタマイズなら3年保証ですから^-^;
    重量:重 
      約1.32〜1.42kgは軽くない
    駆動時間:中 
      約6.5時間から約7.5時間、やや物足りない。

    気になる!という方は>>ソニーストア icon



    ASUSTeK  ZENBOOK UX21シリーズ icon

    icon icon
    (※画像はビックカメラの商品リンクです)

    2011年秋モデル〜2012春モデル

    個人的に、ASUSTekはウルトラブック市場の中で、商品企画が頭一つ抜けてる感じがします。
    斬新なスタイリッシュデザインとか、かなりのハイスペック設定で価格を下げてくるとか。

    ただ惜しむらくは、製品の仕上がりに固体差があるのは否み難いし、サポートもあまり手厚くない。
    基本的に日本メーカーほどの細やかさが無いのがネックですが、その辺りあまり神経質にならず割切れる方にはお勧めです。
    もっとも、もはや型落ち状態なので、品切れの店が増えています。そろそろ次モデル出ないのかな?



    スペック:高め 
      CPUは第2世代Corei7がスタンダード、メモリは4GB、ストレージはSSDオンリー64GB。
      ピンク系2モデルはSSDが128GBだがCorei5になるので注意。
    デザイン:先進的
      この商品写真はちょっとイマイチですが(失礼;;)
      実物はとにかく薄くて(最薄部3mm!)無駄のないデザインで格好良いです。が、好き嫌いはありそう。
      ROSE、PINKのピンク系2モデルも人気。
    価格:安め 
      在庫各店が売切りに入っているので、実売7万円代で手頃感が出ている
    安心感:やや低 
      日本的な品質管理やサポートを求める方にはおすすめしない
    重量:軽い 
      約1.1kg、ウルトラブックというならこうありたい
    駆動時間:短 
      約5.5時間 これはいま一歩…

    気になる!という方は
    >>
    公式ASUSTeK 
    >>
    ビッグカメラ icon (在庫あるみたいです6/17)




    マウスコンピューター LuvBook X シリーズ icon



    icon icon

    (※画像はマウスコンピューターの商品リンクです)


    夏モデル

    1kgを切る本体重量はとにかく軽いですね。
    軽さと断熱性能の高いカーボンファイバーボディという点だけでもかなりそそられるマシンです。
    ただ、マウスコンピュータは基本的に、サポート体制を割切って買うべきメーカーだと思っています。

    ここのノートは買ったことが無いのでわかりませんが、デスクトップではマニュアルが付かない、初期不良認定のハードルが高い、などの注意点があります。
    パソコン購入初期には色々トラブルも起こりがちですが、こちらのメーカーは、軽微なトラブルは自分で何とかできる方向けだと思っています。マニュアルを付けない等は価格戦略のための会社方針らしく、納得して利用すればそれで良いのですが、機械に弱いという自信(!)のある方にはお勧めしにくいですね^-^;
    (電話サポートは結構親切なようです。)


    スペック:並〜高め
      CPUは店頭モデルのみ第2世代のCorei7、直販モデルは第2世代Corei5。
      メモリ4GB、ストレージはSSDオンリー。
    デザイン:並 
      個人的には特別ステキというほどでもないけれど、悪くはない。どちらかというと男性的かも。
      最薄部5mmm、最厚部17mmの薄めデザインです。
    価格:やや高 9〜10万程度で、コスパ重視系のメーカーとしては強気の設定かも
    安心感:やや難 
      買う人の向き不向きがあると思う
    重量:軽い 
      985gですよ!軽い!これだけでうっかり買ってみたくなる^-^;
    駆動時間:短 
      約5.5時間。もう一声欲しいですね。

    気になる!という方は>>マウスコンピューター icon



    うーん、こうやって並べると、全体として駆動時間にちょっと不満が残ります。
    12インチだと積めるバッテリー量も減るからなのかしら??

    カタログの駆動時間って基本的に節電モード前提で、実際の使用感としてはカタログ値の7割くらいになることが多いのを考えると、5時間レベルではかなり厳しいんですよね。
    13.3インチだと8時間レベルの商品も多いのだから、12インチ勢にも頑張ってほしいなあ。

    職場の持出し用PCにも、1.2Kgの12インチとか、1.7Kgの14インチとかがあるのですが、男性はほぼ14インチを持出すのに対して、女性は大抵、12インチを持っていきます。男性陣はよく、「大きい方が便利でしょ?そんな重さ変わらないし」とノタマイますが、いやいや、大きいって良いことばかりじゃないのよ、何もPCだけ持って歩いてませんものね。

    私はまたとりわけ荷物が多いタイプですが、普通に考えても女子には持って歩く物が多いでしょう?
    多分男性があまり持たないものだけ上げても、化粧品に歯ブラシセット、ちょっとした薬、ソーイングセット、櫛に鏡に髪留め、エコバック、家計費用のセカンド財布とか、冷房除けの上着、マグボトルとか、おやつとか!

    この他に男女問わず持つ荷物として、手帳とハンカチとペンケース、携帯電話に音楽プレーヤー、仕事で行くならその資料。
    ただでなくても女性は男性より普通力が無いし、鞄だって女性ものは比較的小さいのに、PCにA4ファイル超えの幅や2kgの重量を割いてる場合じゃありません

    持ち歩ける幅と重量の限界と、10インチ画面じゃあExcel作業も画像処理もWeb編集もきつい、という煩悶を経て、個人的にたどりついた結論が12インチなわけです。

    PCメーカー各社には、是非12インチモバイルの充実をお願いしたいところ…女性客は結構喜ぶと思うんですけれど、女子の皆さんいかがでしょう…?


    コメント
    姉です〜。
    ウルトラブックすごく人気だよね。

    でも、確かにそれでもやっぱりデカイし重いって分かる〜。

    スペック高めの12インチが出たら、喜ばれそうだよね。
    • mica
    • 2012/06/18 11:27 PM
    でしょでしょ?
    13.3インチはまだまだ大きいのよねぇ。
    私は俄然、バッテリー保ちの良い12インチ待望論を掲げるわっ!

    軽さでいえば、この間発表されたdynabook R632は1.12kgと魅力的でデザインもすてきなんだけど、あと2cmくらい横幅が小さければね……
    • chami
    • 2012/06/19 12:00 AM
    12インチだと幅がA4の長辺ですね。
    会社で営業に要求されているんで、探していたらたどり着きました。 

    私の場合さらに
    1920x1080 1024以上ののドットがほしいです。
    今度は文字が小さいとおじじに怒られそうですが
    • taro
    • 2012/08/10 11:09 PM
    taroさんコメント有難うございます。

    A4ジャストサイズくらいのものがやはり取り回しは抜群に良いと思うのです。
    あの辺りの2、3cmの差は意外に大きいように思います。

    しかし12型でフルHDですか、かなり厳しい要求ですね…鬼のようにエクセルをお使いになるとか?
    12型だと1366×768程度が一般的ですよね、Let's noteでようやく1600×900 でしたか。

    知る限りでは12型でフルHD搭載なのは、この記事の後で発売された ASUSの Zenbook Prime UX21A だけのように思います。
    Ivy Bridge搭載、1.1kgの魅力的な機種ですが、ちょっとバッテリもちに難があるのですよねえ…

    もしご興味があれば、UX21Aの公式ページへ↓
    http://www.asus.co.jp/Notebooks/Superior_Mobility/ASUS_ZENBOOK_UX21A/
    (同じZenbookの12型で21Eがありますが、フルHD非対応です)
    • chami
    • 2012/08/11 12:37 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック