calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

search this site.

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

profile

地味だけど画期的な改良! BUFFALO「どっちもハブ」

0
    こんにちは、妹のchamiです。
    ちょっと間があいてしまいましたが、国産ウルトラブックが出そろったり、ipad miniのうわさが聞こえてきたり、書きたいことはいろいろある今日この頃。

    まずは、先日購入してこれは!と思った小物をご紹介します。
    パッと見ありふれたUSBハブなのですが、実は一味違う、その名も「どっちもハブ」!




    バッファローダイレクト:BSH4U17PK



    これは何かというと、もうそのパッケージのアオリの通りで、「コネクタの向きを気にせず挿せる」USBハブなわけです。

    それだけというとそれだけなんだけど、USBのコネクタの差し込み向きを逆に入れようとして、四苦八苦した経験はきっとどなたにもあるはず!(だと思いたい!)

    そんなデスク横のちょっとしたイライラを解決してくれるかもしれないこのアオり、見かけたらつい買わずにはいられないですよね


    というわけで早速パッケージを開けてみます。





    見た目はまったく普通のUSBハブ。
    何故か70年代みたいなぺらぺらのプラスチック調な材質に、ポップなピンクが可愛いです

    あ、材質のせいかとっても軽いです。
    ハブって重たいものじゃないけど、それにしても軽いような感じ。
    持ち歩くには良いけれど、ちょっと落ち着きは悪いかもしれませんね。

    材質は何だか百均の文房具みたいなぺらぺら感があるけど、BUFFAROだけに細部までキレイに作ってあります。
    色は他にも、黒・白・青、とあるので、「ピンクは勇気がいるなあ」という殿方もご心配なく。




    USB差し込み口はこんな感じで、ちょっと変わっています。

    普通のUSB差し込み口は片方が端子でふさがるような感じになっていて、差し込み側の端子とかち合わないように刺さないといけないわけですが、これはそういう「ふさがり」が無いのです。なので、物理的には表側からも裏側からも挿せるわけですね。

    じゃあ読み取り端子はどうするのかというと、どうやら真ん中に見える薄い端子部分で代用しているみたい??





    パソコンとハブの接続側の端子は、普通に方向を気にして挿すタイプの端子ですが、これは我慢するとして。

    ま、ハブを抜き差しすることはどちらかというと少ないですしね。

    導入時に特別何かドライバを要求されることもなく、Windows7が勝手に処理してくれる範囲です。
    全く普通のハブと同じで、ぐさっと挿してすぐ使えます。





    まず普通の方向で…





    挿します。






    認識されました
    (リムーバルディスクXですね)






    で、次はうっかり間違った方向で…







    挿します。






    認識されました!

    いやもう、本当これだけなんですが、ちょっとした感動です。

    このハブを導入してから気づいたのですが、私結構、USBの挿し間違い(というか、挿そうとしてできなかった)をやっていたらしく、何も考えずにほいほい、と抜き差しできるのがかなり!快適に感じます。

    何というか、派手さはまったく無い改良なのですが、確実に日々のストレスレベルが1下がるような画期的な感じ。

    お値段も普通のハブと変わりませんし、別段USBメモリの動作が怪しいということもありません。
    このシリーズ、実は差し込み側コネクタが「どっちもコネクタ」というのもあり、私がたまたま買った今回のハブの後継タイプでは、PCへの差し込み口も上下を気にせずに挿せるらしいです。

    そしてそして、「どっちもコネクタ」搭載のUSBメモリや、接続用USBコードなんかも販売されていて、さらに快適なUSB環境構築が図れそうですよ…!
    これ、かなりオススメです!


    今回ご紹介した「どっちもUSB」が気になる方は、

    BUFFAROの特集ページをぜひご一読ください。
    お買い求めは、BUFFAROの公式ネットショップが便利です。

    バッファローダイレクト
    >> どっちもUSBシリーズ


    お買い得品を狙うなら、楽天市場でも探してみてくださいね。

    楽天市場
    >>どっちもUSB



    ランキングに参加しています。
    ↓↓ぜひクリックお願いします↓↓
     
    にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
    にほんブログ村



    自宅をプチオフィス化できる手ごろなインクジェット複合機 エプソンPX-B750

    0
      姉のmicaです。

       いい時代になりました。
      こんな手ごろな価格で、こんなに良い製品が手に入るなんて。

      エプソン PX-B750レビュー

      今日ご紹介するのは、4万円を切る手ごろな価格で、自宅をプチオフィス化できてしまう、エプソンのインクジェット複合機 PX-B750icon です。

      実は私は、家で細々とPC関連の仕事をしているうえ、夫は趣味で作っているサイトのための情報収集が必須なので、夫婦してプリンタは必需品。

      以前使っていた、家庭用のインクジェットプリンターでは、印刷やコピーの手間や時間が掛かりすぎるため、少々贅沢だけれどレーザープリンターへの買い替えを考えていました。

      ですが、いくら自宅で仕事をしているとはいえ、私の仕事はカラーレーザープリンターを購入するのは経済的にもったいない程度の小さな規模ですし、写真の印刷やコストのことを考えるとやはりインクジェットで我慢しようかなぁなんて夫と相談していたときに、見つけたのがこちらでした。

      Epsonが、ビジネスモデルとして、レーザープリンターに対抗しうる機種として打ち出した(のだそうです)、PX-B750。

      簡単に言いますと、

      インクジェットでありながら

      印刷が早く
      コストが安く
      FAXとスキャナも搭載した


      エプソン一押しの手ごろな複合機です。

      ↓コピーもスキャンもファックスも♪
      エプソン PX-B750レビュー

      購入してから2ヶ月ほど経過しましたが、非常にコスパの良い買い物だったととても満足していますので、皆さんにもご紹介しますね。

      FAXとスキャナに関してはそれほど他の複合機と変わらないと思いますので、主にプリンタ部分に重点を置いてレビューします。

      そもそもインクジェットとレーザーの違いは何か?


      その前に、そもそもインクジェットとレーザーの違いって何でしょう?
      乱暴に言い切ってしまうと、インクジェットは液体インクで印刷し、レーザーのほうは粉状のトナー(炭素)を吹き付けて印刷するという違いがあります。

      なんていっても、女性目線のユーザーにとっては、印刷方式の違いよりも、それによって、使う場合にどういう差が出るのかが気になるところですね。

      簡単にまとめてみました。

      レーザープリンターの特徴
      良い点:印刷が早い 印刷が滲まず細かい文字もきれい 
      悪い点:印刷コストが少し高い 本体が高い 消費電力が多い

      インクジェッとプリンターの特徴
      良い点:印刷コストが安め 消費電力が少ない 写真印刷がきれい
      悪い点:印刷が遅い インクを大量に使う印刷の場合紙が波打つことが

      レーザーは、少々お高めですが、やはり印刷速度が速くてきれいという点がビジネス向きなので、主にオフィスで。

      インクジェットは少々遅いけれど、写真印刷などに優れている上、本体もランニングコストも安いので、家庭用として普及しています。
       
      インクジェットなのに印刷が早い!そして安い!

      そんなわけで、インクジェットといえば、あの「ジー・・・ゴジョゴジョ」ととっても遅いプリンターをイメージしていたのですが、ビッグカメラの方の説明によれば、このPX-B750は、そんなインクジェットの一番の欠点、

      印刷スピードを大幅に改良し

      しかも印刷にかかるコストを、大削減した製品なのだそうです。

      確かに、実際我が家にPX-B750が来て、ひしひしと実感しているのが

      印刷が早い

      ということ。

      なんと、1分間にカラー約24枚/モノクロ約26枚のA4プリント

      ができてしまうんですよ。↓画像はエプソンのHPからお借りしています。

      キャプチャ


      そんな数字を言われてもちょっと実感できにくいと思うのですが、これは、同じエプソンが展開している、オフィス用に展開しているカラーページ複合機(レーザープリンターのことです)LP-M720Fという機種と、同等の印刷スピード。

      つまり、皆さんがオフィスで使っている機器とほぼ同じスピードで印刷できてしまうということ。ちなみに、LP-M720Fは99,800円もするマシンですから、早いのは当たり前ですが、それが家庭用サイズのインクジェットでも実現できるというのはスゴイことですよね。

      この手のビジネス用インクジェットプリンタはどこのメーカーからも出ているわけではなく、競合品も見つけにくいのですが、おそらく唯一の競合品といえる、HP社のビジネス向けインクジェット Officejet Pro 8600 Plus の場合は、一分間にカラー16枚、モノクロ20枚。エプソンのほうが1枚上手と言えますね。

      印刷スピードも大事ですが、印刷コストも安いんです。先述のエプソンのカラーページ複合機LP-M720Fと比べると、

      A4一枚あたり(用紙コスト含まず)

      LP-M720F カラーは12.4円 モノクロは3円
      PX-B750は カラーが6.4円 (モノクロは表記なしでした)

      カラーが6.4円程度なら、ほんと気にせずどんどんプリントアウトできてしまいますよね。
      印刷コストはHP社のものもほぼ同等のようです。


      小さなところも使いやすい

      このPX-B750複合機はプリンタのスピードとコストが売りだと思いますのでそれを大きく取り上げましたが、他にも色々使いやすいところがありますよ。

      家庭用としても使える複合機ですが、オフィス用とほぼ同様の機能があるので、例えば・・・

      オートシートフィーダーが使える!複数枚のFAXやコピー、スキャンのとき、これは本当に便利♪
      エプソン PX-B750レビュー

      もちろん両面対応です↓

      エプソン PX-B750レビュー

      用紙がたくさん(250枚)入る。これ、意外と便利ですよね。家庭用だとすぐに紙が切れてしまうので、重宝しています。

      エプソン PX-B750レビュー

      大容量インク インクも大容量なので、取替えが少なくて済みますし、これが低コスト化にも繋がっているそうです。大容量だけになくなったときの買い替え時には、ちょっと財布が痛いですけどね(笑)。

      エプソン PX-B750レビュー

      前面を開けるだけなので取り替えも楽です

      エプソン PX-B750レビュー

      顔料インクでキレイで滲みにくい インクジェットというと、細かい線が出にくいこと、水濡れしたときに滲んでしまうのがときに困りモノでしたが、これまで一般的だった染料インクではなく、顔料を使うことで、大幅に改善されたそうです。確かに文字がシャープです。

      複合機はやっぱり便利! ひとつひとつは小さい機能だけど、やっぱり自宅で仕事している場合は複合機があると便利ですね。

      ファックスとスキャナーについては、他の一般的な事務機種と比べてすごく良い(または悪い)という点はないと思いますが、複合機になっていることで、数枚のFAXがすぐに送れたり、スキャンデータをPCからFAX送信できるのは、すごく助かる!

      ↓スキャナ部分
      エプソン PX-B750レビュー

      自宅で仕事されている方や、研究者の方など家でもPCに向かうことが多い方にはすごくお勧めできると思います。

      もちろんレーザー複合機に劣るところもあります

      こんな風にいいところばかり書くと、じゃあオフィスでもコレ使えばいいじゃん、ということになりそうですが、もちろん高機能なレーザー複合機と比べて劣る部分もありますよ。

      まず、

      耐久性が劣る

      LP-M720F 耐久枚数が10万枚
      PX-B750は 耐久枚数が40万枚

      でもね、実際自宅で10万枚あれば十分ですからね。家族でOR小さなお店でしたら十分ですよね。これは、そんなに気にしなくていいのではないかしら?

      A4までの大きさしか印刷できない

      デザイン系のお仕事の方などは要注意です。私のような書くことメインの仕事は気にならないと思いますが、低コストに絞っている分、こういった縛りはありますので、B4やA3が必要な方はご注意を。

      無線LAN対応ではありません

      これは、別にレーザーに劣るという点ではありませんが、欠点として述べておきますと、無線LAN対応ではありません。ですのでLANケーブルが届く場所にしか置けませんのでその点は注意してくださいね。

      スマホユーザーならこれも便利♪

      長いレビューになっちゃっていますが、スマホユーザーの方は、ぜひ専用アプリ「Epson iPrint」をダウンロードして、スマホからの印刷にもチャレンジしてみてください♪

      スマホで見ているメールや、文書、写真をパッと印刷できるのは意外と便利ですよ

      エプソン PX-B750レビュー

      スキャンするときも、いちいちPCを立ち上げなくても、スマホの画面でプレビュー確認して操作できるから、一枚だけなんて時にはとても手軽です。

      エプソン PX-B750レビュー

      こんなに色々な機能がついて、3万円台で買えるなんて本当にいいお買い物でした。
      自宅でプリンターやFAXのヘビーユーザーという方にはすごくお勧めです。

      今日ご紹介したPX-B750について

      公式サイト
      でさらに詳しくご覧になりたい方はこちらからどうぞ

      >>>エプソン公式サイト(PX-B750のページ)

      価格を知りたい方は・・・

      公式サイトであるエプソンダイレクトでも販売されています!が、ビックカメラなどの量販店のほうが若干お得ですね。値段など比較してみてくださいね〜。

      エプソンダイレクト→ PX-B750F

      ビックカメラ→ PX-B750FC9 (品番が少し違いますが同じものみたいです)

      ビックカメラ→ PX-B750FC9 (価格は少し高いけれどポイントがたくさん溜まるプラン)



      すごく長いレビューになりましたが、これはとても買って良かった製品です。
      プリント枚数が多くてお悩みの方はぜひご検討を!

      ランキングに参加しています
       ↓↓ぜひクリックお願いします↓↓
      にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
      にほんブログ村

      | 1/1PAGES |